横須賀市杉山歯科医院の矯正歯科・噛み合わせ

矯正歯科・噛み合わせ

矯正治療とは、不正咬合による出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などによる見た目の悪さや、虫歯になりやすい状態への治療となり、歯並びをキレイにして調和の取れた顔立ちにします。
また、歯並びをキレイにすることで、咀嚼機能や発音障害などの口腔内障害を改善することができ、噛み合わせが正常になるので身体・精神も含めた全身のバランスを正常にするトータル的な治療になります。

矯正歯科

小児矯正

小児矯正とは、顎の骨が成長している最中のお子様の時期に行なう矯正治療のことをいい、成長しきってしまった大人の顎の骨と違い、成長に合わせて骨を誘導できるので無駄に抜歯をせずに済む可能性が高く、理想的な歯並びに促しやすい治療といえます。
しかし、現在の食生活は、昔に比べ、柔らかい食べ物の摂取ばかりが多く、顎の骨が鍛えられずに歯並びが悪くなってしまうケースが多いです。
また、この間に不正咬合を放っておくと正常な噛み合わせが得られないまま成長し、虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、精神への弊害も発症し、成人になってから苦労することもあるかと思います。
そういったことにならないよう、親御さんが常にお子様の口腔内をチェックしてあげてください。
お子様の間に正常な歯並びを保つことで、大人になってからも虫歯や歯周病になりにくい健康な歯でいられます。

小児矯正

成人矯正

成人矯正とは、文字通り大人になってから始める矯正治療で、前提として顎の骨が成長しきった状態から始めます。
治療のきっかけは、患者様の日常に関与しており、審美面での改善を目的とする人が多いようです。
また、歯並びが整うことにより、噛み合わせが正常化され、歯周病・虫歯・発音が改善するだけでなく、頭痛や肩こりなど身体的な改善にも繋がります。
治療方法も患者様のライフスタイルを考慮し、様々なご提案をさせていただきますので、治療にご興味のある方は、ぜひ一度、ご相談ください。

成人矯正

顎関節症

顎関節症とは、顎の関節部分に何らかの異常が現れることで、食事の時や会話の最中に痛みがあったり、肩こりや頭痛が慢性的に起こる疾患のことをいいます。
顎関節症は、そのまま放置しておくと、脳への直接的な刺激になるため、自律神経失調症やうつ病を併発しやすくなります。
治療には、医師による適正な指示に従い、薬品による処方や運動療法を行なうことになります。
顎関節症は、心身の病と考え、早めに医師にご相談ください。

顎関節症

ブラキシズム対応

ブラキシズムとは、就寝時に起こる「歯ぎしり」や「噛みしめ」のことをいい、頻繁に起こることにより、歯が擦り減ったり、割れたり、歯が抜けてしまったりと過度な負担が歯にかかります。
原因としては、はっきりとはわかっていませんが、日常のストレスが主として考えられています。
当院では、適正な診療のもと、患者様に合わせたマウスガードの作製して、就寝時に装着していただいたり、生活習慣のアドバイスをさせていただくなど対応させていただきます。

このページの先頭へ戻る