横須賀市杉山歯科医院のインプラント

インプラントとは

当院は、「痛くない・削らない・抜かない、歯科診療を目指して」をモットーに、患者様が安心して診療を受けられる取り組みをしています。その一環として、歯の失われてしまった部分を補う治療方法として、インプラントを推奨しています。インプラントとは、歯の失った所に「第二の永久歯」として人工的に作られた歯根と人工歯を埋め込む画期的な治療法です。
人工歯根にあたるインプラントは、チタンと呼ばれる金属でできており、生体親和性に優れいているので、拒絶反応がなく顎の骨と結合します。
そのため噛んだ感触が直接骨に伝わるので、ご自分の歯で噛んでる感触を得られることができます。
また、人工歯にあたる上部構造は、セラミックなどの素材で作られており、天然歯の様な色調や透過性を再現できるため、審美面でも大変優れています。
インプラント埋入後は、適切なセルフケアと、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けて頂ければ「第二の永久歯」として長期的にご利用頂くことが可能です。

スポーツ歯科

治療の流れ

STEP.1 カウンセリング
インプラント治療に際しての流れや注意点を細かくご説明させていただき、十分にご理解ご納得いただいたうえで治療をスタートします。 不明点や疑問点にも丁寧にお答えしますので、些細な内容でもお気軽にお尋ねください。
STEP.1 カウンセリング
STEP.2 検査・診断
レントゲン撮影や口腔内写真などで口腔内の状態を確認し、しっかりと検査・診断をしたうえで治療計画を立案して患者様にご確認いただきます。
検査・診断により、虫歯や歯周病などが見つかった場合は、先にそれらの治療から始めます。
STEP.2 検査・診断
Step.3 手術
症状や骨の状態で手術の進行を『2回法』と『1回法』のどちらかに決定します。術式は患者様とご相談のうえで決定していきます。
Step.3 手術
Step.3ーA 2回法
2回法は、治癒期間(2〜6ヵ月)を挟み2回手術を行ないます。2回の手術があるため患者様への負担は大きいですが、ほとんどの症例で適用できます。
Step.1 一次手術(インプラント埋入)

歯肉を切開して顎の骨にインプラントを埋入します。
その後歯肉を縫合します。

Step.2 治癒期間

一次手術後、インプラントが骨と結合するまで治癒期間(2〜6ヵ月)を設けます。

Step.3 二次手術(アバットメント装着)

インプラント埋入箇所の歯肉を切開して頭出しをします。そこにアバットメント(人工歯との連結部分)を装着します。

Step.3ーB 1回法
1回法は、1回のみの手術になります。1回で手術が終わるため、患者様への負担は少ないですが、埋入に十分な骨量があるかどうかや1回法可能な症状かいくつかの条件が必要になります。
Step.1 一次手術(インプラント埋入+アバットメント装着)

肉を切開して顎の骨にインプラントを埋入してアバットメントを装着します。

Step.2 治癒期間

一次手術後、インプラントが骨と結合するまで治癒期間(2〜6ヵ月)を設けます。

STEP.4 人工歯の装着
装着する人工歯が正確に噛み合うように歯型をとります。人工歯が完成するまでは仮歯を装着します。
人工歯が完成したら装着して治療が完了です。
STEP.4 人工歯の装着
Step.5 メンテナンス
治療後は、適切なセルフケアと、歯科医院での定期的なメンテナンスを続けてください。インプラントを埋入したからといってもこれらを怠ってしまうとインプランとの寿命も短くなってしまうので気を付けましょう。
Step.5 メンテナンス

他の治療との違い

インプラント

歯の失った所に「第二の永久歯」として人工的に作られた歯根と人工歯を埋め込む画期的な治療法。
噛んだ感触が直接骨に伝わるので、ご自分の歯で噛んでる感触を得られることができ、天然歯の様な色調や透過性を再現できるため、審美面でも大変優れています。

インプラント
メリット
  • 審美性に優れ、自然に会話を楽しむことができる
  • 隣の健康な歯に影響がない
  • しっかり噛めるので顎に刺激が伝わり骨がやせにくい
  • メンテナンスさえしっかり行なえば長期的に使用可能
デメリット
  • 自費診療のため治療費が高額
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両側の健康は歯を削って、橋を架けるように義歯を装着します。
日常生活や食事に違和感がありませんが、健康な歯を傷つけて支えにしているので、将来的に負担が大きくなり支えの歯も失うおそれがあります。

ブリッジ
メリット
  • 保険診療の対象となるため、安価での治療が可能
  • 治療期間が短い
  • 安定感がある
デメリット
  • 失った歯の両側の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担がかかるため、歯の寿命が短くなる
  • ブリッジ部分の隙間に食べかすが溜まりやすく不衛生
  • 失った歯の部分の骨がやせる

入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、いずれも素材によりますが、短期間で安価に治療が終わります。口腔内を傷つけることもありませんが、使用の際は違和感があったり取り外して洗浄が必要など不便な部分があります。

入れ歯b
メリット
  • 保険診療の対象となるため、安価での治療が可能
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 食事に違和感がある
  • 食べかすが残りやすいため口臭の原因になる
  • 取り外して洗浄しなければならない
  • 顎の骨がやせる
  • うまく発音ができない

骨造成

骨造成とは、インプラントを埋入するにあたって十分は骨量が得られず埋入が不可とされていたところに用いられる外科的療法で、骨量を増やしてインプラントの埋入を可能にします。

GBR

GBRとは、歯槽骨が少ない場所にご自身の骨や骨補填剤をおき、生体適合性に優れた人工の膜を入れて歯肉を被せることで歯槽骨の再生を促す治療法です。

サイナスリフト

上顎の上部に上顎洞(サイナス)と呼ばれる空洞があり、様々な原因でこの空洞が拡大し、インプラント埋入に十分な骨の高さが得られないケースがあります。
サイナスリフトとは、上顎洞にあるシュナイダー膜を剥離挙上し、自家骨や骨補填剤などで押し上げることによりインプラントに必要な骨の高さを得る方法です。

このページの先頭へ戻る