横須賀市杉山歯科医院の一般歯科

虫歯治療

一般的に虫歯と呼ばれる症状の仕組みは、人は日常食事をした後に歯磨きをしますが、磨き残しがでてしまうと、食べ物のカスが口腔内にそのまま残ってしまい、そのカスを餌にする細菌が口腔内に繁殖しはじめます。
繁殖した細菌が、餌を摂取する際に酸を発生させて歯の表面を溶かし黒くしていく現象を「脱灰(だっかい)」といい、虫歯の仕組みとなります。
一方、口腔内で分泌される唾液には、酸を中和させる働きがあり、脱灰を抑止するとこができます。
また、唾液には歯の表面から溶け出したミネラル分を再び補い修復する作用があります。
このことを「再石灰化(さいせっかいか)」と呼びます。
口腔内では、日々「脱灰」と「再石灰化」が繰り返し行なわれ、虫歯を自然治癒で防いでいます。
しかし、歯磨きを怠ったり、過度の糖分摂取により「脱灰」の進行が急速になると「再石灰化」が追いつかなくなり、自然治癒できず、歯科医院での治療が必要となってしまいます。
そうなる前に早めに医師にご相談ください。

虫歯治療

虫歯の進行と治療法

  • c0

    CO虫歯の初期状態で、ほとんど目立つことはありません。
    再石灰化による自然治癒が可能は状態です。

  • c1

    C1多少、黒さが分かる状態で痛みはありません。患部を削り、白い樹脂を被せる治療になります。治療は1回程度の通院で済みます。

  • c2

    C2虫歯が象牙質まで進行した状態で、しみたり痛みを感じはじめます。患部を削り、詰め物や被せ物による治療になります。2回以上の通院が必要です。

  • c3

    C3虫歯が神経まで達しており、激しい痛みを感じます。根管治療が必要になりますので、数ヶ月の通院が必要になります。

  • c4

    C4歯がほとんど崩壊してしまい、神経が壊死した状態です。痛みはほとんどなく、歯は残存状況により抜歯をして、歯髄の洗浄します。その後、失った歯を補うための治療として、入れ歯やブリッジ、インプラントなどをご提案します。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)とは歯と歯肉の隙間に細菌が入り込み、知らない間に歯槽骨を溶かしていき、やがて歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病はこれまで中高年齢層での疾患といわれていましたが、近年では、若年齢層での発症も多く見られています。また、歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行し、気付いたときには取り返しのつかないということもあります。歯磨きの際に、出血があったり、食事の時に歯がぐらついたりするようでしたら歯周病のシグナルです。早めに医師にご相談ください。

歯周病治療

歯周病の進行と治療法

  • 歯肉炎

    歯肉炎歯周ポケットが3〜4mmの状態。歯肉が赤みを帯び始め、歯磨きで出血がみられます。正しい歯磨きで予防可能の時期です。

  • 軽度歯周炎

    軽度歯周炎歯周ポケットが4〜5mmの状態。歯垢や歯石により歯肉の炎症がひどくなり、口臭がみられます。スケーリングによる歯石除去の治療をします。

  • 中度歯周炎

    中度歯周炎歯周ポケットが5〜7mmの状態。歯槽骨の吸収度合いが著しく、食事の際に歯が大きくぐらつきます。スケーリング・ルートプレーニングによる治療をします。

  • 重度歯周炎

    重度歯周炎歯周ポケットが7mm以上の状態。歯が大きくぐらつき、ひどい口臭や化膿がみられます。そのままにしておくと歯が抜け落ちてしまいます。症状により外科手術が必要となります。

スケーリング

歯周病治療

スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる専門の器具で歯についた歯石を除去することをいいます。
歯石を除去することにより細菌の住処となる場所を減らせるので、細菌が減らし、歯周病の症状を和らげることができます。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、スケーリングだけでは落とすことのできなかった歯石・歯垢を専用の器具で除去し、歯の表面を再び歯垢・歯石が付着し難くなるようツルツルにする治療です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、就寝中に呼吸が止まってしまう状態が断続的に繰り返される症状です。
自覚症状として、熟睡できなかったり、疲れが取れなかったりします。
当院では、睡眠中の安定した呼吸を維持できるマウスピースを作製します。
ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群

このページの先頭へ戻る